千光寺はどんなところ?ロープウェイを使って尾道を街を一望しよう!

尾道の観光名所である千光寺に一人旅してきたので、そのご紹介です。

私は、車で訪れたのですが、徒歩でも、ロープウェイでもアクセス可能ですので、それもご紹介致します。

千光寺どんなところ?

桜の名所でもある、尾道千光寺。

千光寺公園に千光寺があり、園内に、お寺だけではなく、恋人の聖地 銘板があったり、尾道市立美術館があったりします。

コロナ前は毎年たくさんの方が訪れる尾道の代表的な観光名所の一つでしたが、

コロナの時期はさすがにガラガラでした!

コロナが落ち着いたら尾道に訪れる予定の方に向けて千光寺公園に行く予定のある方はぜひ参考にしてください。

駐車場は料金が入りましたが千光寺自体に入る時は無料でした!

千光寺とその公園

お地蔵さんもマスクをしてました。。。

公園内は、細い道もありましたので、お子さんでも楽しめると思います!

千光寺の縁結びなら【恋人の聖地 銘板】

恋人の聖地は、多くのメディアが取り扱うほど、ど定番なスポットになります。

ロープウェイから登ってすぐの場所にありました!!

後ろにハート型の南京錠にマジックで書いて柵に括り付けられていましたよ、

ぼっちの自分には少し辛かったです笑

その後ろの景色は綺麗でしたよ!

千光寺美術館も千光寺へ行く途中に!

展示品は、油絵や日本画、水彩画や工芸品、彫刻等です。

少し、渋い感じがしますね!

子供や、若い方は、美術館をみることはあまりないそうですが、

興味がある方にとっては、満足度が高い展示品がたくさん飾ってあるそうですよ!

このようなものが好きな方は、ぜひ千光寺に訪れた際に館内に入ってみてはいかがでしょうか?

市民による草の根運動から始まって、昭和55年に開館した尾道市立美術館は、開館20年を経て、「本物の芸術と文化を提供し、新たな感動の中で歴史を見据えながら、未来へと羽ばたく豊かな夢と明るい希望を世界へ発信して、地域社会に貢献する本格派の美術館」という新たなコンセプトのもとに、安藤忠雄氏の設計による改修工事を終えて、平成15年1月10日、千光寺公園内にリニューアル・オープンいたしました。

尾道市立美術館
料金備考:展示会ごとに設定

千光寺公園をロープウェイで

ロープウェイだとやはり旅行した気分が上がりますね!

山麓駅(さんろくえき)からロープウェイに乗ることができます。

尾道駅から徒歩15分程度、1.1kmの道のりになります。

商店街道路をとおることになりますので、ロープウェイに乗るまでの歩く時間も楽しめると思います。

七夕祭りの写真になります。普段は、静かで少し暗い場所になります。。

飲食店なども並んでいますので、小腹満たしにもいいかもしれません。

千光寺公園の駐車場は?

車でアクセスする場合は、千光寺 駐車場と googlemapで検索したら行くことができます。

駐車場の料金は、普通車は1日600円。

100台くらい止めれる駐車場でしたが、入り口から近い場所からどんどん埋まっていきますね!

最後に

公園内には野良猫がいましたよ!

尾道駅からロープウェイの入り口まで歩ける距離で、

景色がとても綺麗で癒されます!

春になると桜もとっても綺麗ですので春に訪れるといっそう綺麗な景色が楽しめます!

ぜひ、尾道に来る際は、観光してみてくださいね!